上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついにお盆休みも終わってしまったのですが・・

忙しくて書けなかったシリーズその2デス。

今年も菅平に合宿に行ってきたんですが今年は電車組の仲間が更に増え
行程としては

東京→(新幹線)→上田→(バス)→菅平リゾートセンター

・・と昨年と変わりない行き方で出かけました。
今年は上田で時間があったので上田城に行くことにしました。
私は去年も行きたかったのですがまだみんなと知り合って間もないのであまり
歴史話ばかりしていると変な人と思われたらイヤなので遠慮していましたが
今年は”風林火山”もやっているのであまり抵抗なく提案できました。
街も去年とは雲泥の差で盛り上がっています。

町並みもこんなカンジです


ちょっと繁華街から入るとこんな街並みで歴史をカンジさせますね・・

どうにか到着


上田城といっても本丸はなく隅櫓や石垣が残っているだけです。
ここは東虎口櫓門です。

真田石


東虎口櫓門の右には真田石という3mの石があり真田信之公が松代移封の時
持ち去ろうとしたが動かなかったという伝説の石です。

真田神社です


東虎口櫓門入って左側に真田神社があります。

城を構築した真田父子を主神に、江戸時代民政に尽くした仙石氏・松平氏を祭神とする神社。
特に十数倍の大軍を二度に亘り撃退し日本一の智将と謳われた真田幸村の神霊は、
今も知恵の神様として崇められているそうですよ。
へへへッ、ちゃんとお参りして来ましたョ

何?


酒樽をくり抜いて作った茶室だそうです。
中はどんなカンジなんでしょうねぇ??借りて茶会を開けるそうです。

残念ながら一同これで探検終了です。

なぜかと言うと涼しい菅平に比べると上田は盆地でこの日37℃あってここまで駅から歩いただけでも素晴らしい!(普段ならたいした距離ではないのですが・・)
もう駅方面に戻りましょう・・また来年もう少し勉強して立ち寄りましょう。

途中名物のそばをいただき、美味しいくるみアイスを食べながら歩いていると
嬉しいものに出会いました

実は去年車の中からチラッと見て”何だろう・・?”とそのときは気になりましたが
すっかり忘れていました。

大正・・いえいえ明治時代の建築物のような洋館で
何やらお店のような・・・


入ってびっくり!
左手には飾り気のないジャムの瓶が何種類も並び、右手は発送受け付け用のデスク等
東京の老舗の店舗に入ったようなゆったりとした空間と店員の接客マナーのよさには驚きました。

そこはなんと”みすず飴”で有名な飯島商店だったのです。
(ワタシこういうもの探すのには鼻がきくのよねぇ?)
子供のころ松本に住んでいて”みすず飴”はおやつでよく食べましたっけ・・

ジャムも大瓶の割にはお値段も手ごろでいくつもほしかったのですが結局
大瓶のぶどうジャムを購入しました。

一年越しの・・


ジャムの食べ方の中でジュースに・・という紹介があり早速家に帰って作りましたよ!
本当に果物の味が生きていて美味しかったですよ!

前後しますが一同菅平に無事到着して翌日には名物のラガー麺をいただきました!
器がラグビーボールの形をしているんですよ!
ここはラグビーのメッカでもありますからねッ

ラガー麺


結局食べてばっかりさぁ・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://happycook123.blog66.fc2.com/tb.php/280-530a0d0b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。